日本文化大学の多種多様な就職支援プログラム


引っ越し先を探すなら、
近隣の福祉施設の充実具合を確認したいところです。
その市区町村に何人の医師や診療所があり、何人の住民が居て、
医師1人あたり何人の患者を診ているかを調べるのは重要だと言えます。
1人あたり診ている患者の数が多いということは、
いざ診療所に行った際、かなり待たされることを意味します。
医療機関の情報は意外と見逃しがちですが、
そういった細かい情報もしっかりと吟味してマイホームを選んだ方が良いですよ。

大学も似たようなものです。
就職支援課には何人の教員が居て、何人の学生が居て、
教員1人あたり何人の学生を担当しているかを調べた方が良いです。
そういう意味では、日本文化大学は優秀です。
法学部1つだけの単科大学なので、在学生は他よりも少ないです。

なので、就職支援課で順番を待たされることはほとんどありません。
1人に対して十分な時間を取れるので、よりためになる指導を受けられます。
また、日本文化大学は就職支援に力を入れています。
むしろ、普通の授業よりも力を入れているかもしれません。
日本文化大学は1年次から就職支援が始まり、
キャリアマネジメントを受けることが出来るのです。
今やどこの企業でも実施しているSPIや、
公務員採用試験の受験対策をすることが可能です。

3年次には、警察行政演習を受けることが出来ます。
警察官を目指す人が対象ですが、より実戦的な指導を受けることが可能です。
このように、日本文化大学は多種多様な就職支援のプログラムを用意しているのです。



日本文化大学で面接対策をしよう


日本文化大学は警察官合格率が日本一です。
少なくとも、割合に関してはかなり高いと言えます。
その合格率の高さですが、
適したカウンセリングを受けられるのが特徴と言えます。
警察官になるには面談(面接)を突破する必要があり、
そこでどのような受け答えをすればいいかを、
日本文化大学がミッチリと特訓してくれるのです。
これまで数多くの方を警察官にさせてきた実績が
日本文化大学にありますので、
かなり有益な練習ができると評判になっていますよ。

どの仕事もそうですが、
「あなたは何故、弊社に入りたいのですか?」と訊いてきます。
警察官の場合は「何故、警察官になりたいのですか?」と
高確率で訊いてきます。
ただし、低確率で訊きません。
理由としては「みんな同じことしか言わないので、
マジで聞き飽きた。聞くだけ無駄」としているからだと言えます。
「小学生の時に警察官に助けてもらったので、私も~~」という美談は、
本当に耳にタコができるまで聴かされているのです。
それゆえ、もっと気の利いたことを言う必要があると言えます。
相手の印象に残る、それでいてウィットに富んでいて、
主題から極端に外れていないことを面接の場で言う必要があるのです。
そうしたテクニックを日本文化大学で身に付けることが出来るのです。

また、面接で見ているのは発言内容だけでなく、
その発言の仕方も見ています。
どのようにアクセントで喋っているかも、審査基準になりますよ。
返答のタイミングなども重要と言えるでしょう。
相槌にいたっては、社会人の必須スキルですよね。
演劇や声優の審査ではないですが、
そうした話のテクニックも磨いた方が良いと言えそうです。
声だけでなく、歩き方、椅子の座り方、ドアの開け方など、
見られるポイントはかなり多いですよ。
そうした細かすぎる点も日本文化大学
就職支援の指導員からしっかりと教わりましょう。

警察官になるには一筋縄ではありませんので、
しっかりと数年かけて対策を取るようにしましょう。